沿革

  1. HOME
  2. 沿革
2006年5月
会社設立(資本金20,000,000円)
2007年2月
宿泊施設向けダイナミックパッケージ事業の開始
2008年10月
第三者割当増資を実施(資本金35,300,000円)
2009年10月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームにてJAL便に加えてANA便を追加。業界初で日本航空便・全日空便の両方を用いた宿泊施設主導パッケージ旅行の販売を開始
2012年7月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームと比較.com株式会社(現、手間いらず株式会社)の運営する「手間いらず.net」との連携開始
2012年7月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームと株式会社シーナッツの運営する「TL-リンカーン」との連携開始
2012年8月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームにて利用可能航空券7社(JAL/ANA/SKY/FDA/SFJ/ADO/SNA)に拡大
2013年5月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームにて利用可能航空券を9社(JAL/ANA/SKY/FDA/SFJ/ADO/SNA/HAC/IBX)に拡大
2013年5月
本社を東京都港区六本木から東京都港区赤坂へ移転
2013年7月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームにて利用可能航空券を国内LCCを含む12社(JAL/ANA/SKY/FDA/SFJ/ADO/SNA/HAC/IBX/JJP/APJ/WAJ)に拡大
2014年3月
航空会社スターフライヤー公式サイト内でダイナミックパッケージ・プラットフォームの提供開始(2017年2月終了)
2014年3月
株式会社カカクコム及び株式会社星野リゾートに対して第三者割当増資を実施(資本金135,300,000)
2014年9月
航空会社春秋航空公式サイト内でダイナミックパッケージ・プラットフォームの提供開始
2014年10月
旅行業登録を旅行業免許第2種から旅行業免許第1種へ変更
2015年2月
本社を東京都港区赤坂から東京都渋谷区恵比寿に移転
2015年5月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームと株式会社エス・ワイ・エスの運営する「オプティマ」との連携開始
2015年10月
業界初で国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームが新たな旅行販売方法の募集型PEX約款に対応。本対応により提供可能な航空券の種類が広がる
2016年6月
グローバル・ディストリビューション・システム(GDS)と接続し、国際航空券の予約システムの提供開始
2016年10月
世界中のホテルを対象に、グローバル・ダイナミックパッケージ・プラットフォーム(日本を起点としたアウトバウンドとインバウンドを対象)の提供開始
2017年7月
国内LCC4社の航空券販売システムの提供を開始
2017年8月
グローバル・ダイナミックパッケージ・プラットフォームとDerbysoft社の提供するチャネルマネージャー「Derbysoft」の連携開始
2017年9月
グローバル・ダイナミックパッケージ・プラットフォームとSabre Hospitality Solutionsの運営する世界最大のホテル向けセントラル・リザベーション・システム(CRS)「SynXis」の連携開始
2017年11月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームにて利用可能航空券13社(JAL/ANA/SKY/FDA/SFJ/ADO/SNA/HAC/IBX/JJP/APJ/VNL/SJO)に拡大
2017年12月
世界中のホテルを対象に、グローバル・ダイナミックパッケージ・プラットフォーム(第三国間を含む世界中から世界中を対象)の提供開始
2017年12月
シンガポールにタイムデザインインターナショナル(当社100%子会社)を設立
2018年3月
株式会社カカクコム及び株式会社星野リゾートに対して第三者割当増資を実施(資本金305,888,985円/資本準備金285,888,985円)
2018年4月
タイムデザインインターナショナル、シンガポールで旅行業免許の取得
2018年6月
お客様へより安心した旅行を提供するため社団法人日本旅行業協会のボンド保証会員資格を取得
2018年9月
PK FAREと接続し、国際航空券の取り扱いを拡大
2019年2月
国内ダイナミックパッケージ・プラットフォームとダイナテック株式会社の運営する「Direct In」との連携開始